これからが本番

日々雑感

5年目のスタートにあたって

全国1億2千万人の土木ユーザーの皆さんこんにちは。
土木広報支援プロデューサーのおがしんです。

6月がスタートしましたね。
やりたいことが多すぎて、1日、1週間、1ヶ月がとても早く感じます。

さて、すっかり忘れていたのですが、私が独立・起業してから丸4年が経過しました。
5月末が決算で、6月1日から5年目のスタートです。
そんな大切こと忘れるなよーと自分に突っ込んでます。
ちなみに今年の決算はボロボロです(笑)
全部、新型コロナのせいにしておきます。いや、ほんとにそうなんで。。。

5年目をスタートするにあたり、4年間を少し振り返りつつ、今後のお話なんかをシェアさせてもらいますね。

独立・起業はやはり大きな決断だった

今になってみれば、その気になれば・・・なんて思えますが、独立・起業する際は、やっぱりいろいろ考えました。
前職は学生時代も含める25年くらい在籍していたし、社員が4名くらいの小さい規模の時から関わっていたので、愛着もありました。
長いこと苦楽をともにした仲間もたくさんいましたしね。
サラリーマンとはいえ結構自由にさせてもらっていたので、なにか強烈に不満があったわけでもなかった。
さらには、再婚したばかりだったこともあり、いろんなリスクのことも考えたり。。。

ただ「年齢的にもラストチャンスかなー」と思ったのも事実。
年齢は関係ない!ということも言えると思いますが、そうは言っても実際にはねー。
背中を押してくれたのは、妻。
「やりたいことをやった方がいいよ」って。
そして、独立当初に仕事が困らないようにとサポートしてくれた親友。
「わかった」と、快く送り出してくれた前職の社長。
いろんな方の助けがあって、踏ん切りがつきました。
本当に感謝しかないです。

山あり谷ありの4年間

まだまだ4年程度ですが、その間もいろいろあったなー。
守秘義務の関係で具体的には書けませんが、初めて経験する仕事もできて、全国飛び回ることも多かった。
会社の組織作りの難しさも知った。
お金のやりくり、時間のやりくり、起業したからこそ経験できたことがたくさんありました。

比較的順調に3年間が過ぎましたが、コロナという厄介者の登場で状況は一変。
イベントの仕事はほとんどキャンセル。全く仕事のない日々。
悶々としながらも、次のステージを妄想しながら、いろんな可能性を探る日々。
でもね、正直、全くやる気が起きなかったんです。
なんとも言えない閉塞感というか・・・。
そして2020年の年末に「エクスマ塾100期」に申込した。
自分のモチベーションアップや心と頭の整理をしたかったから。
この出来事は、ほんとに大きかった。
自分のやりたいこと、やれること、やるべきこと、そして今後の「在り方」が整理できて、次のステージを走り抜ける姿が明確になりました。

コロナ騒動が世の中を確実に変えてしまいました。
それ自体に関しては個人的な見解はありますが、現実問題としては、いいも悪いもなくて、「そうなってしまった」という事実のみ。
「強いものではなく、変化できるものが生き残る」という言葉がありますが、まさにその状況なんだろうと思います。
僕の場合、変化ではなく「進化」に置き換えて考えるようにしています。
5年目のスタートにあたり、「進化」していく年にしていきたいなと。

生きていること自体が奇跡

来月50歳を迎えます。
ありがたいことに、よく50年も生きられたなと嬉しく思います。
私は生まれてすぐに髄膜炎にかかり、生死をさまよったらしく、当時医者からも「たぶん無理です。一命を取り留めても、普通には生活できない...」という絶望的な状態だったみたい。
それを考えたら、今こうやって生きていて、しかも元気に楽しくやれていること自体が奇跡的。
せっかく助かった命。
いつ終わるかわからないのがやっかいですが(笑)、生きているうちにやれることを精一杯やっていこうと思います。

この一年くらいでやりたいこと

今後やりたいことがたくさんあるので、ちょっと書き出してみました。

1.ブログ300記事を書く
2.土木広報専門会社としての認知度向上
3.土木会社のホームページ制作 5本
4.土木会社のSNS運用コンサル 5本
5.土木広報オンラインイベントの開催 10本
6.diツアーの開催 5本
7.diCAP認証の開始
8.土木偉人かるた福岡県版のプロデュース
9.ゴルフ都道府県制覇13県→20県へ

いやー、欲張りだコトw
どこまでやれるかなー。自分に期待をしつつ、楽しくやっていければいいな。

とにかく、少しでもいいから「世の中をもっと楽しく」するために行動していきたいと思います。
皆様、これからも「おがしん」をかわいがってやってください。

それでは皆さん、本日もご安全にー!

◎記事を書いた人
小川慎太郎(通称:おがしん)/土木広報支援プロデューサー

『全国1億2千万人の土木ユーザーに届く広報を』

経済学部出身の土木偏愛者。好きが高じて日本初の「土木広報専門会社」を設立。
広告・イベント業界25年の経験とノウハウで、土木の価値と魅力を伝えるお手伝いをしています。(WEBサイト構築、SNS運用、デザイン、イベント企画、映像制作など)

エクスマ塾100期/一般社団法人ツタワルドボク理事/土木の魅力を発信するwebマガジン「ツタドボpress365」編集長/47都道府県でゴルフすることが夢/芥屋ゴルフ倶楽部/保護猫ちゃん2匹/温泉ソムリエ/最後の晩餐はメロン希望/一般社団法人日本オンラインフィットネス協会理事

お時間あればあわせて読んでね

カテゴリー

アーカイブ