F1グランプリ開幕!

日々雑感

HONDA撤退と角田選手登場に見る応援する側とされる側の関係性

皆さんこんにちは。 土木広報(後方)支援プロデューサーのおがしんです。

いよいよ、そして待ちに待ったF1が開幕しました!
F1は正式には「Formula One Grand Prix」と言います。モータースポーツの最高峰とされています。
フェラーリやメルセデス、ルノーといった世界の自動車会社が速さと強さを競う世界選手権です。メディアで世界に配信されるため、マーケティング要素のひとつとしても非常に価値のある選手権で、各社が技術、リソースを投入して競い合っています。そして現在その中で唯一日本のメーカーとしてHONDAが参戦しています。
そのHONDAですが、今シーズン2021年が参戦最後の年になります。残念ながら来年以降はその勇姿を観ることができません。
今のところ他の日本のメーカー、例えばTOYOTAなどが今後参戦する計画もなく、HONDAなき後はしばらく日本の自動車メーカーを観ることはできないだろうと思われます。だからこそ、最後の年となる今シーズンは、是が非でもHONDAに有終の美を飾って欲しいという気持ちで、今まで以上に応援には熱が入ります。

そしてもう一つ。
7年ぶりに日本人ドライバーがF1デビューします。
角田裕毅という若干20歳の若者です。

この記事のとおり、今年のルーキードライバー3人の中でずば抜けて注目を浴びています。

そもそもF1で走ることのできるドラーバーは世界で20名しかいないわけで、その中のひとりに有望な日本人ドライバーがいるなんて、興奮しないわけありません。
しかもHONDAのパワーユニット(エンジン)を搭載するチームで走りますので、なおさらです。

私たち日本のF1ファンの多くは、HONDAと角田選手を応援します。
他のスポーツでもそうですが、応援するということは、何かしらの応援したくなる理由があるわけです。
例えば、日本の企業だから、日本人選手だから、地元のチームだから...などなど。
応援される側はどうでしょう?
F1で言えば、HONDAや角田選手。
応援されるということは、その期待に応えたいと思い、さらに頑張ることができます。
HONDAの撤退は2020年10月。その時点では新設計のエンジンは2022年から投入予定でしたが、撤退が決まり2021年が最終年なるため、大幅にスケジュール前倒しして、今年の開幕に新設計のエンジンを間に合わせたのです。
今まで応援してくれたファンのため、一緒に戦うチームのため、そしてHONDAエンジニアのプライドが突き動かしたと言われています。負けたままでは終わられないと。
それを知った私を含めたF1ファンは、さらにHONDAを応援したくなる...そんな循環が確実に生まれています。

そして角田選手は、HONDAのドライバー育成プログラムの出身。これは才能があるドライバーをHONDAがバックアップして育てていくシステムなのですが、角田選手はその筆頭格。
ですから、ある意味、角田選手はファンだけではなくHONDAからも応援されているかたちになります。だからこそ、手にしたチャンスを逃さないように努力し、最上位カテゴリーであるF1までハイスピードで駆け上がってきました。

特にF1は、世界規模のマーケティングの場でもあるので、世界的に有名な企業などがスポンサーとして、各チーム、選手個人をサポート(応援)しています。
チームはスポンサーの応援に応えるべく、マシンを開発しレースに勝つために努力するわけですね。
成績が上がれば応援してくれるスポンサーの露出やブランディングに応えることができますから。

こうやってみると、それぞれの立場において「応援する側」「応援される側」のゴールデンサイクルのような関係性があるわけです。
これって、日常の仕事や生活でも同じだよなと思ったりします。
応援されるような人間になりたいし、応援したくなる人にも出会いたい。
きっとそんな中で生活を送ることができると、きっと素敵な人生になり、いい仕事ができるんじゃないかと思いました。
そのためにも、知識やスキルを積み上げていく努力と同じくらいに、内面を磨くことが大切だなと、F1のフリー走行1回目を観ながら感じたところでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは皆さん、本日もご安全にー!

◎記事を書いた人
小川慎太郎(通称:おがしん)/土木広報(後方)支援プロデューサー

文系出身の土木好き。広告・イベント業界25年の経験とノウハウで、土木の価値と魅力を伝えるお手伝いをしています。(WEBサイト構築、SNS運用、デザイン、イベント企画、映像制作など)

エクスマ塾100期/土木広報(後方)支援プロデューサー/広告・イベント業界25年で培ったノウハウで土木業界・企業・団体が盛り上がるためのお手伝いやってます/保護猫ちゃん2匹/47都道府県でゴルフすることが夢/温泉ソムリエ/最後の晩餐はメロン希望/一般社団法人ツタワルドボク理事/一般社団法人日本オンラインフィットネス協会理事

お時間あればあわせて読んでね