トシコーに潜入してきた

Works

周年って絶好の情報発信チャンス

皆さんこんにちは。 土木広報(後方)支援プロデューサーのおがしんです。

今年、福岡・北九州都市高速が50周年を迎えます。私と同い年です(笑)
そんなご縁で...ということではありませんが、ご依頼をいただいて、50周年を記念のちょっとしたイベントを企画中です。
以前Blog「妄想と企画のあいだ」に書いた内容とは違いますが...^-^;
そこで、事前の現場視察ということで、普段入れない場所に潜入してきました!
※特別な許可を得て、公社職員さん立ち会いの下

オフィスで簡単に打ち合わせをした後、一同現場へGO!

非常時の避難経路だったり、保守保全の際に使ったりする階段をひたすら上がります。いい運動を通り越して、軽く太ももが筋肉痛w
都市高速って、こんなにも高いところ通っているのね...
それよりも、私、実は高いところが大の苦手で、超ビビってました^-^;
それでも恐怖よりワクワクが勝り、テンション上げ上げでした。

普段なにげなく車で走っている都市高速ですが、改めて間近でしかも特別な場所から見ると、全然違う風景に見えました。
高所からの視点なので、福岡の街もよく見えます。そしてその街に都市高速が延びていっている様は、私たちの街と生活を支えてくれているんだなーと感じます。
単純に「トシコー、かっこいいなぁ」って思った次第。

千代JC付近と荒津大橋のロケが終わったところで、私は次の予定が入っていたため途中離脱しました。
その後、一行は6号線へ。
6号線は、アイランドシティに乗り入れる延伸部分です。
5年という短期間で、3月27日にいよいよ開通します。
アイランドシティには、橋、港湾、公園...まさに土木のワンダーランドみたいな場所。
そこには、青果市場や子ども病院などの施設、数多くの住宅もあり、この延伸により、アクセスがグ~ンとよくなりますね。

マツ博士が撮影した写真がこちら。

腕がいいのかカメラがいいのかはわかりませんが(笑)、どれも素敵な写真です。

この日は、公社職員の方に案内してもらいながら、いろんなお話も聞くことができました。
年度末でお忙しい中、本当にありがとうございました。

今回の都市高速のように、「周年」というトピックスは土木広報を実施するタイミングとしては、非常にやりやすいというか最適です。
周年以外にも、通算来場者○○人などの「区切り」みたいなタイミングをうまく活用したコンテンツづくりを考えてみてはいかがでしょうか?

それでは皆さん、本日もご安全にー!

◎記事を書いた人
小川慎太郎(通称:おがしん)/土木広報(後方)支援プロデューサー

広告・イベント業界25年の経験とノウハウで、土木の価値と魅力を伝えるお手伝いをしています。(WEBサイト構築、SNS運用、デザイン、イベント企画、映像制作など)

エクスマ塾100期/土木広報(後方)支援プロデューサー/広告・イベント業界25年で培ったノウハウで土木業界・企業・団体が盛り上がるためのお手伝いやってます/保護猫ちゃん2匹/47都道府県でゴルフすることが夢/温泉ソムリエ/最後の晩餐はメロン希望/一般社団法人ツタワルドボク理事/一般社団法人日本オンラインフィットネス協会理事

 

お時間あればあわせて読んでね