前田建設工業 ファンタジー営業部

土木広報

夢を追うと突き抜けられる

皆さんこんにちは。 土木広報(後方)支援プロデューサーのおがしんです。

土木の価値と魅力を伝えるお手伝いをしていますが、何を隠そう私自身が土木ファンです。

仕事や社団法人の活動を通して、様々なエリア、業種、規模の土木関係の方々とのご縁をいただきます。
その中に大手ゼネコンの前田建設工業さんもいらっしゃいます。
以前、僕がパーソナリティやっていたラジオ番組にも出演してもらいました。
その前田建設工業さんなんですが、僕の中ではかなり柔らかい企業イメージです。柔らかいというかイケてるイメージ。
ファンタジー営業部ってご存じでしょうか?
有名なので、土木・建設業界の方は知っている人が多いと思います。

このサイトの説明を見ると

「ファンタジー営業部」は、アニメ、マンガ、ゲームといった空想世界に存在する、特徴ある建造物を当社が本当に受注し現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるか、について工期、工費を含め原則月一回の連載形式で公開するコンテンツです。

と、書いてあります。
実際にWEBサイトをご覧いただけると、分かりますが、その道のプロがありとあらゆる技術を駆使して、アニメや空想の世界を実現できないか?を真剣に考え、積算なんかもやっています。
特に有名なのは、「マジンガーZの格納庫」を造るコンテンツ。これ、実は最近映画化までされました!凄くないですか!?
たまたま飛行機に乗った際に配信されていたので、私も観たことあるのですが、めちゃくちゃ面白いです。そしてこれが社内での実話を元に制作されているという点が面白さを増幅させています。

自分たちの技術力を発信しながらも、それを誰でも楽しめるコンテンツとして発信しているところは秀逸ですよね。
「建設業って夢があるなー」「スケールでかくてかっこいい!」「自由な社風なんだろうなー」「前田の技術力と発想力ってすげーなー」みたいな反応が目に浮かびますよね。

大手ゼネコンさんなので、それなりの予算やリソースをかけられるという側面はあると思いますが、発想の着眼点、実行するマインドは、他の企業さんにとってもきっと参考になると思います。

土木関係者の皆さんも、前例や慣習にとらわれすぎずに、「これ、おもしろそうじゃない?」「一度やってみようぜ。ダメだったら変えればいいじゃん。」というマインドで、土木の価値と魅力を伝えていけるようにしたいですね。会社の魅力、土木の魅力を伝えていくことも、大切な仕事のひとつだと思います。

土木ではないけど、天神再開発のこのビルも前田建設工業さん。

それでは皆さん、本日もご安全にー!

◎記事を書いた人

小川慎太郎(通称:おがしん)/土木広報(後方)支援プロデューサー

広告・イベント業界25年の経験とノウハウで、土木の価値と魅力を伝えるお手伝いをしています。(WEBサイト構築、SNS運用、デザイン、イベント企画、映像制作など)

エクスマ塾100期/土木広報(後方)支援プロデューサー/広告・イベント業界25年で培ったノウハウで土木業界・企業・団体が盛り上がるためのお手伝いやってます/保護猫ちゃん2匹/47都道府県でゴルフすることが夢/最後の晩餐はメロン希望/一般社団法人ツタワルドボク理事/一般社団法人日本オンラインフィットネス協会理事

お時間あればあわせて読んでね

カテゴリー

アーカイブ