ゴルフとビジネス

流れと状況判断、そして仲間・相棒

私、ゴルフが大好きで月に2~3ラウンドくらいプレーします。
私の妻もゴルフ好きなので、よく一緒に行きますし、気の置けない仲間と行ったり、お取引先様と行ったり。
いろんな方といろんなゴルフ場に行ってプレーするのがとても楽しい。

サラリーマン時代から思っていたのですが、ゴルフというスポーツはとてもビジネスと共通点があると思います。
他のスポーツでもそうかもしれませんが、ゴルフは特にそんな気がしています。

14本のクラブを駆使して、その時の気象条件やゴルフ場を克服しながらラウンドします。
風が強い時もあれば、雨の時もある。
ミスをしてリカバリーしないといけない場面も多数。
そして、基本的に上手くいかない時の方が多い。
14本のクラブは、仲間や相棒、課題解決のためのツール。
これをその時々に合わせて使いこなしていく。
時には大胆に攻め、時には慎重にいく。

ゴルフではコースマネージメントが大切だとよく言われます。
まさにビジネスと共通しているなと思うわけです。
ビジネスでも、さまざまな人脈やノウハウを活用して、目の前にある課題を解決していく。
そのときどきによって、市場環境や外部環境なんかも違い、
一律にこれっていうことはない。

そしてなにより、ゴルフとビジネスの私にとっての最大の共通点は、
どちらも「楽しい」ってことです(笑)

関連記事

  1. 社名への想い

  2. 初めての決算

  3. 壮行会を開催してくれました。

  4. 新年のご挨拶

  5. リフレッシュ

  6. 熊本復興チャリティコンペ がまだせオープン2017