熊本復興チャリティコンペ がまだせオープン2017

今年も全国から大集合!

2016年の春、熊本・大分を地震が襲い、甚大な被害をもたらしました。
1年以上経った今でもその傷跡が完全に元に戻ったわけではありません。
特に熊本のシンボルである熊本城の復旧は、何十年単位の作業だと聞きます。
同じ九州人として、熊本になにかできないか?
熊本出身の親友がいて、その方とふたりで企画したチャリティゴルフコンペ。
昨年のゴールデンウイークに小規模で開催。
そして同年の夏に盛大に開催しました。
目的は、とにかく熊本で遊んでお金を落とすこと。
熊本在住の友人たちの閉塞感を取り除く一助になればという思いと、
自分たちも楽しめてしかも熊本の役に立つには・・・と考えた際に、
みんなで遊びに行ってお金を使おうとなったわけです。
支援の方法はいろいろあっていいと思いますが、私たちが選んだのはこの方法。

そして今年も第二回目を開催してきました!(最初の小規模をカウントすると3回目)

友達の友達はみんな友達だと言わんばかりに、遠くは東京、神奈川からも集合。
総勢30名以上でGOLFコンペを開催。
夜は、熊本の老舗料亭「おく村」さんにて表彰式と宴会。
ここから参加する方も含めて50名弱で大盛り上がり。
普段、私たちクラスでは入ることさえ戸惑ってしまうような高級料亭なのですが、
開催趣旨に賛同していただいたオーナー様が、
「当日は暑い中ゴルフして来られるでしょうから、ドレスコードなしで結構ですよ」
と、なんとも嬉しいご配慮をいただき、快く迎えてくださいました。
こちらの料亭も昨年に続き2回目。
本当にありがとうございます。

いろんなチャリティゲームなんかやって、今年も大盛り上がりでした。

そして2日目。
2日目のコンペはやや小規模ながら20名程度にて開催。
熊本の名門コース、熊本空港カントリー。
こちらも昨年に続いてお邪魔しました。

両日とも天気に恵まれてよかったです。
チャリティも2日間でなんと14万円も集まりました!
ニギリで負けると悔しいのですが、これがチャリティとなると、
どこか気分が良くなってしまう不思議w
ご参加していただいたみなさん、毎回あふれんばかりの男気とチャリティをありがとうございます。
集まったチャリティは、昨年同様、熊本城復興基金に寄付する予定です。

来年もきっと開催すると思います。
毎年なにかのかたちで継続していきたいと思いますし、
継続することがとても大切なことなんだろうと思います。
無理することなく、恩着せがましくなく、自分たちも一緒に楽しみながら、
地道に復興支援できることを模索していければと。

関連記事

  1. 新年のご挨拶

  2. 初めての決算

  3. 壮行会を開催してくれました。

  4. SNSの時代

  5. 調・楽・正・格って?

  6. 社名への想い