全国1億2千万人の土木ユーザーに届く広報を

広告業界出身の土木偏愛者であり土木広報プロデューサーの小川慎太郎が、土木広報を通じて業界のイメージアップをサポートします。

人々の豊かな生活と安心安全に欠かすことのできない土木技術やインフラ。遙か古の時代から土木と生活は密着した関係で、人々の暮らしと命をまもってきました。

それにもかかわらず、現代においては「そこにあって当たり前」のものとなり、その活動や価値に関心(感心)を寄せられることは少なくってしまいました。そこで私たちは、広く一般の方々に土木技術、技術者の価値を再認識してもらうため、土木広報、イベント、PR活動のサポートをおこなっています。
土木の世界が大好きな私たちと一緒に盛り上げていきましょう。

自分が変われば、周りも変わる。
さあ、あなたは?

土木技術者・従事者ご自身が「伝えること」に消極的になっていたり、後回しにしていませんか?土木業界で活躍している法人、個人の皆様が、自らの仕事に誇りを持ち、積極的に世の中に対して伝えていくこと。これこそが「はじめの一歩」として最も大切であり、重要だと考えています。

将来の土木業界発展を担う
次世代への積極的で伝わるアプローチ

土木に対する印象は?そんな質問を投げかけた際に、どう答えるでしょうか。答えは「好き」でも「嫌い」でもありません。残念ながら「知らない」「無関心」という答えが圧倒的に多いのです。次世代を担う若者たちが、まずは「関心」を抱くよう好奇心をくすぐる取り組みを積極的におこないます。

土木の価値を伝えたい人と企業に寄り添います

私たちは25年以上の間、広告・イベント業界の第一線で「伝える」「人を動かす」ことに注力してきました。そして近年は、そのノウハウを土木広報という分野に特化し、土木業界活性化のお手伝いをしています。「こんなことできないかな」と、少しでも頭をよぎった方、まずはご相談ください。

些細なことでもご相談を

心の底から土木の価値を共有できる存在でありたい。土木の価値をもっと伝えたいと考えている方に寄り添いたい。そんな私たちとジョインしませんか?